スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

安全なお薬

2008.12.10 *Wed
VIVIちんがお薬を飲んで
今日で3日目。

昨日の夜までで
足のフラ付きなどなど
見た目的な副作用は去った模様。

でもまだ ちょっと眠そう・・・・

今日は朝から私の靴下を持って来て
一生懸命守っている。

0812101.jpg
でも、寝ちゃう~~


寝てる間に
タオルケットをかけてあげたんだけど
怒らないところをみると まだちょっと
本調子じゃないないのかな~~?

0812102.jpg
起きると 続きの遊びをはじめるVIVIちん ^^


ところで・・・・

VIVIちんを獣医さんに連れて行かず
夜を越しても大丈夫であろう!

と、私に判断させてくれた
薬に関する文献があったんだけど

フィラリアのお薬に入っている成分
(VIVIちんの服用しているのでは3種類)

のうち2種類において
10倍量を一度に服用させた場合と
6倍量を数日続けて服用させた場合と

で、実際のワンコで実験している
内容のものがあった。

それも、生後数ヶ月の仔犬
成犬・妊娠中の母犬

の3パターン。

その前にはマウス実験をした
と言う記載もあった。

結局 その薬の成分では
どのパターンでも副作用が
認められなかった。

って書いてあったんだけど

たぶん、開発中の薬とかは
バンバン実験されていて

実際、それで亡くなったり
後遺症が残ったりしている動物も
たくさんいるだろうと思う。

胸が痛む。
とっても とっても・・・・

でも、今回
「副作用は認められなかった」
と言う言葉に随分救われた。

産まれて来た以上
全ての命が楽しく幸せに・・・

な~んて ぬるま湯につかった
野生皆無の人間的発想を「理想」だと
私はしてまったりするんだけど

数々の命の犠牲の上に成り立ってる
安全なお薬 と言うものに
ものすごぉ~く安心感を覚えた夜だった。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


Copyright © VIVI日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。